So-net無料ブログ作成
検索選択

永井荷風が愛したカツ丼「大黒家」~八幡。朝日新聞・夕刊「各駅停話94.京成本線16・八幡」。2014年5月22日(木) [千葉県・北西部]

「大黒家」

朝日新聞・夕刊のテレビ欄の裏に
楽しいコーナーがある。

これが「各駅停話」だ。

今回は「京成本線」の16回目で、「八幡」である。

この「京成八幡」は
JR総武線「本八幡」の北に位置する。


この「八幡」駅のすぐ側にあるのが「大黒家」だ。


食通で名を馳せた作家・永井荷風
終の棲み家に近い。


荷風は日記「断腸亭日記」をつけていたが、
この最後の方には
「正午大黒家」という記載が繰り返されている。


これこそが、
永井荷風「大黒家」に通っていたことを示す
重大な証拠なのだ。


永井荷風は毎日のように、
ふらりとこの店に来ては
決まったように「カツ丼」を食べた。


「カツ丼」を届けたことも数知れず。


そして、
1959年(昭和34年)4月29日、
いつものように「カツ丼」を食べて帰り、
4月30日には
家の中で亡くなっているのを発見された。


この新聞には、
永井荷風に食事を運んでいた女将
の写真が載っている。


DSCN1979_mo.JPG

今の現役で店を切り盛りしている
増山孝子さん、79歳だ。


女将は言う。


「日記の中には正午とありますけど、
午後2時ぐらいに来られることも多かった」


「甘いもの好きで、
近くの駄菓子屋さんでも見かけました」



DSCN1978_mo.JPG


ここ、「大黒家」では
文豪永井荷風の愛した「カツ丼」のセットが味わえる。


カツ丼、燗酒1本、お新香である。


詳しくはこちらの記事を読んでくれ給え。

稀代の変人作家・永井荷風の最後の晩餐のカツ丼「荷風セット」を食べる「大黒屋」~市川市本八幡



市川市は擁する駅前地区で
再開発が進んでいるので、
昭和の昔の面影がだんだんと失われてきつつある。


しかし、
JR総武線や京成本線の北側には
まだまだ昔のままの町並みや自然が残されているのだ。


歴史的遺産も多いから、
散策にもお勧め。

ぜひ、
そのついでに「荷風セット」を味わって見てほしいな。


稀代の変人作家・永井荷風の最後の晩餐のカツ丼「荷風セット」を食べる「大黒屋」~市川市本八幡



   by 食いしん坊主・たりらんらん   yun_2781_mo.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


関東食べ歩き ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサード リンク