So-net無料ブログ作成
千葉県・北西部 ブログトップ

永井荷風が愛したカツ丼「大黒家」~八幡。朝日新聞・夕刊「各駅停話94.京成本線16・八幡」。2014年5月22日(木) [千葉県・北西部]

「大黒家」

朝日新聞・夕刊のテレビ欄の裏に
楽しいコーナーがある。

これが「各駅停話」だ。

今回は「京成本線」の16回目で、「八幡」である。

この「京成八幡」は
JR総武線「本八幡」の北に位置する。


この「八幡」駅のすぐ側にあるのが「大黒家」だ。


食通で名を馳せた作家・永井荷風
終の棲み家に近い。


荷風は日記「断腸亭日記」をつけていたが、
この最後の方には
「正午大黒家」という記載が繰り返されている。


これこそが、
永井荷風「大黒家」に通っていたことを示す
重大な証拠なのだ。


永井荷風は毎日のように、
ふらりとこの店に来ては
決まったように「カツ丼」を食べた。


「カツ丼」を届けたことも数知れず。


そして、
1959年(昭和34年)4月29日、
いつものように「カツ丼」を食べて帰り、
4月30日には
家の中で亡くなっているのを発見された。


この新聞には、
永井荷風に食事を運んでいた女将
の写真が載っている。


DSCN1979_mo.JPG

今の現役で店を切り盛りしている
増山孝子さん、79歳だ。


女将は言う。


「日記の中には正午とありますけど、
午後2時ぐらいに来られることも多かった」


「甘いもの好きで、
近くの駄菓子屋さんでも見かけました」



DSCN1978_mo.JPG


ここ、「大黒家」では
文豪永井荷風の愛した「カツ丼」のセットが味わえる。


カツ丼、燗酒1本、お新香である。


詳しくはこちらの記事を読んでくれ給え。

稀代の変人作家・永井荷風の最後の晩餐のカツ丼「荷風セット」を食べる「大黒屋」~市川市本八幡



市川市は擁する駅前地区で
再開発が進んでいるので、
昭和の昔の面影がだんだんと失われてきつつある。


しかし、
JR総武線や京成本線の北側には
まだまだ昔のままの町並みや自然が残されているのだ。


歴史的遺産も多いから、
散策にもお勧め。

ぜひ、
そのついでに「荷風セット」を味わって見てほしいな。


稀代の変人作家・永井荷風の最後の晩餐のカツ丼「荷風セット」を食べる「大黒屋」~市川市本八幡



   by 食いしん坊主・たりらんらん   yun_2781_mo.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

稀代の変人作家・永井荷風の最後の晩餐のカツ丼 「荷風セット」を食べる「大黒家」~市川市本八幡 [千葉県・北西部]

 
「大黒家」


人は世に出て大成しようとするならば、
その他大勢と同じことをしていたのでは、
全く駄目である。


つまり、
世の中の大多数の「フツウの人」とは、
断然違ったことをしないことには、
「差別化」が出来ないということだ。


したがって、
世の中で「大家」(オオヤにはあらず、タイカと読んでくれ)だの、
「偉人」だのと賞賛される人物は、
少なからず、
「フツウ」とはちょっと「変わった人」である必要がある。


例えば、
文豪として知られる夏目漱石も森鴎外も、
立派な人ではあるが、
よく見れば、変人の部類に入るであろう。


しかし、
今日紹介する永井荷風は、
「稀代の変人作家」の誉れ高い、
正真正銘の変人であった。


彼の変人ぶりについては、
語りたくてたまらないほど面白いのだが、
今日は、ちょっと遠慮させてもらおう。



さて、
永井荷風は
1879年(明治12年)12月3日に、
東京市小石川区で生まれ、
1959年(昭和34年)4月30日に、
千葉県市川市にて、満79歳で没した。


彼は生涯に家を何軒も建てるが、
戦争によって焼かれ、
着の身着のままで転々とする。

そして、
1957年(78歳)、
市川市八幡町四丁目(現八幡三丁目)に転居したのが、
荷風の終の棲家となったのである。


1959年3月1日、
長年通い続けた浅草アリゾナで昼食中、
「病魔歩行殆困難」となる。

その後は
自宅に近い食堂大黒家で食事をとる以外は
医者にも行かず、
家に引きこもっていた。

そして、
4月29日にも、大黒家に行った。

大黒家では、
店が休みでも、
荷風が来ると、食事を作って出していたという。

大黒家。。.JPG


4月30日朝、
尋ねた知人が荷風の遺体を発見した。

死因は胃潰瘍に伴う吐血による心臓麻痺。

傍らに置かれたボストンバッグには
常に持ち歩いていた全財産・総額2334万円を越える預金通帳と現金31万円余が入っていた。




そういう生涯を送った永井荷風の最後の晩餐が、
「大黒家」カツ丼と上新香、そして日本酒一合という、
いつものメニューだったのだ。


この「大黒家」は今でも、
京成線本八幡駅のそばにあって、
荷風の最後の晩餐と同じメニューを
「荷風セット」として提供している。

大黒家。.JPG


荷風セット(カツ丼+上新香+日本酒一合)  1,260円

http://www7.ocn.ne.jp/~daik88/index.html



月刊誌 「太陽」・「サライ」・「芸術新潮」その他多数
 
テレビ 衛星放送 「永井荷風と谷崎潤一郎」
  NHK 「日本文学紀行」
TBS 「究極の食道楽SHOW] 十四年元旦放送
  テレビ朝日 「旅サラダ」
  日本テレビ 「途中下車の旅」


映 画「墨東綺譚」新藤兼人監督  劇中、俳優の津川雅彦氏

が大黒家のセットでカツ丼を食べるシーンもある。





新藤兼人、嵐山光三郎、安藤優子、見栄晴など
多くの人が味わった。



サッカーの松木安太郎の推薦はこれ。

松木安太郎。.jpg

ミニかきあげ丼セット 1,950円

小柱のかきあげ丼と1品料理のセット
 ・ミニかきあげ丼
 ・あさりぬた、,鰯つみれ
 ・こんにゃく煮


大黒家。。。。.jpg

特製小鯛寿司(入荷した時のみ)
昭和20年代から不定期に出す人気メニュー。  


会席料理も好評で、
宴会にもぴったりだ。




●大黒家

http://www7.ocn.ne.jp/~daik88/index.html



〒272-0021  千葉県市川市八幡3-26-5

電話 047(322)1717・3730


 
京成線 京成八幡駅より、徒歩1分
JR総武線 本八幡駅より、徒歩4分
都営新宿線 本八幡駅より、徒歩1分



コース料理でご宴会のお客様は、
1台につき2時間分駐車料金をサービス。

平日 11:00~2:00  
    4:30 ~10:00  
土・日・祭日 11:00~9:00  
       
定休日  第一木曜日(変更する場合もあります)  

**出前も営業時間に準じて承っております**








★永井荷風について★


2004年、
市川市の市制70周年式典で名誉市民の称号を贈られた。

荷風にゆかりの場所などの地図や写真が
満載のサイトだ。

永井荷風.JPG

http://www.city.ichikawa.lg.jp/cul01/1551000004.html



永井荷風といえば、
日記文学の最高峰「墨東綺譚」である。





また、
春本の傑作『四畳半襖の下張』
「四畳半襖の下張事件」により、
猥褻か否かを問われるという、
日本文学史上大きな事件となった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E7%95%B3%E5%8D%8A%E8%A5%96%E3%81%AE%E4%B8%8B%E5%BC%B5%E4%BA%8B%E4%BB%B6


また、映画化もされ、
大きな話題となった。










平穏な家庭生活を営むことのなかった永井荷風は、
正式な妻を持つことを辞め、
子供がいなかったため、
従弟大島一雄の次男永光と1944年に養子縁組をした。

その養子・永井永光の手記は、
市川時代の写真も逸話も豊富で、
ファンにとっては待望の出版であった。





   by 食いしん坊主・たりらんらん   yun_2781_mo.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
千葉県・北西部 ブログトップ

関東食べ歩き ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサード リンク