So-net無料ブログ作成
東京都23区以外・多摩地区 ブログトップ

「日本一の梅の里・見納めツアー」&「名酒&豆腐料理」を「澤乃井」直営店で堪能する。~東京都青梅市 [東京都23区以外・多摩地区]

「澤乃井」直営店
「まヽごと屋」「いもうとや」「豆らく」





毎年30万人が訪れるという
日本有数の梅の里「青梅市」であるが、
その梅の花がもう見られなくなってしまうのを
あなたはご存知だろうか?

2009年のこと、
青梅市の梅の木に
国内で初めてウイルスPPVが発見された。

このウイルスに感染すると、
葉や実に斑点ができる。

食べても人体に影響はないが、
伐採しないといけない。

また、伐採した後は、
地域内で感染が確認されてから、
最低3年間は植えることが出来ないのである。


2万5000本の梅が密集している吉野梅郷でも、
4割に当たる9000本を伐採しなければならないという。

そこにある「梅の公園」では、
3月16日には「梅祭り」が行われたが、
今年の花が終わったら、
園内にある1260本余りの梅の木全てを
すぐに伐採するということだ。

各新聞でも話題になっている。

http://www.asahi.com/articles/ASG3H52S3G3HUQIP01R.html

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014030190135359.html




http://www.youtube.com/watch?v=CkQFPzgMwdc


ということで、
しばらく見られなくなる青梅の梅。

悲しいことだが、
今年が見納めになるだろう。



さてさて、
この日本一の梅を鑑賞したあとに、
少し遠出をしてでも、
ぜひとも味わいたいのが、
ここ「小澤酒造」のお店。

「小澤酒造」といえば
東京都でありながらも
奥多摩の豊かで綺麗な水と
優れた伝統技術に育まれた
「澤乃井」ブランドの日本酒で殊に有名である。

http://www.sawanoi-sake.com/


https://goo.gl/maps/CJkyb




酒蔵見学もできる。

また、
「清流ガーデン 澤乃井園」では利酒もできる。

http://www.sawanoi-sake.com/service/sawanoien

map.jpg


この会社が経営しているお食事処が

「まヽごと屋」「いもうとや」「豆らく」



「まヽごと屋」

http://www.mamagotoya102.com/

自然の恵みゆたかな≪清酒・澤乃井≫直営の料亭。

美酒・澤乃井の仕込み水を使い作られた、
「豆腐」や「ゆば」を中心とした各種の季節コース。
洗練された料理を、
酒蔵直営ならではの特選銘酒と合わせて
堪能できる贅沢な空間。


住所 東京都青梅市沢井2-748

電話 0428-78-9523


地図 https://goo.gl/maps/WNYu8




「いもうとや」


http://www.sawanoi-sake.com/imoutoya/index.html

ままごと屋の岩清水豆腐や生ゆばによる丼ものや御膳ほか、
甘味やコーヒー、利き酒セットも人気。

とうきょう特産食材使用店


東京都青梅市御岳1-2-5

電話 0428-78-7230



「豆らく」

http://www.sawanoi-sake.com/mameraku/index.html


「 澤乃井 」 と 「 ままごと屋のお豆腐 」が
気軽にお召し上がれる食事処。


*************************************

青梅市には観光したい場所がいっぱいある。

青梅市観光協会

http://www.omekanko.gr.jp/index.php



●吉川英治記念館

http://corp.kodansha.co.jp/yoshikawa/


吉川英治
「宮本武蔵」「三国志」などの作品で国民的作家となった。

彼が昭和19年3月、
家族と共に東京赤坂から疎開し、
昭和28年8月まで生活していた場所を
記念して建てられた。

蔵書を含む約2万点の収蔵資料のうち、
入れ替えながら300点を常設展示。

Amazonで「吉川英治」を探す




●玉堂美術館

日本画壇の巨匠・川合玉堂
昭和19年から昭和32年に亡くなるまでの10余年を過ごした。

展示作品は、
15歳ごろの写生から84歳の絶筆まで。


http://www.gyokudo.jp/

http://www.gyokudo.jp/04timeline/img/g_s00.jpg


●櫛かんざし美術館

江戸から昭和に至る櫛やかんざしの名品を展示。
和小物のおみやげも充実。

http://www.sawanoi-sake.com/kushi/index.html



宿泊なら、

「かんぽの宿」もかなり前に利用したが、
お勧めである。

http://www.kanponoyado.japanpost.jp/yado/oume/



そして、
忘れてはならないおみやげがこれ。

oume_senbei01.gif


その名もずばり
「青梅せんべい」

こだわりの材料で焼き上げた
素朴な味わいだが、
実に美味しいお煎餅なのだ。

http://www.ryumaru.jp/



この春休みはぜひとも、
日本一の青梅の梅
後悔のないように見おさめて欲しい!!


   by 食いしん坊主・たりらんらん yun_2781_mo.jpg
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
東京都23区以外・多摩地区 ブログトップ

関東食べ歩き ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ
にほんブログ村

スポンサード リンク